vio脱毛

vio脱毛をして面倒臭いムダ毛処理から解放されませんか?

敏感肌でも出来るムダ毛処理はあるの?

 

ムダ毛脱毛には様々な種類がありますよね。
しかし敏感肌の人は方法を選ぶ必要があります。

 

ヘタをすれば肌荒れなど、肌トラブルの原因になりかねません。

 

 

通常、ムダ毛処理はカミソリで剃ることが多いようですね。
コスパ的にも良いですし、手軽です。
しかし毛と一緒に肌表面も削り取っていることになるので、敏感肌の人には不向きです。

 

剃るとすれば、クリームをたっぷりつけて、肌を滑らかにしてから、切れ味の良いカミソリで撫でるように剃るのがコツです。

 

それでも肌への負担を考えると週1程度に留めておいたほうが良いでしょう。

 

 

また脱毛クリームやワックスでムダ毛処理する方法もあります。
しかし敏感肌の人はクリームやワックスでかぶれやすく、この方法を選ぶことはないかと思われます。

 

家庭用脱毛器も高性能なものが販売されていますが、肌に合わなければ肌荒れなどの原因になりますね。

 

 

敏感肌の方は是非脱毛サロンにチャレンジしてみて下さい。
敏感肌専用の脱毛サロンもあるくらいですから、安心してスタッフに脱毛を任せることが出来ます。

 

また気になる料金も昔ほど高額ではなく、手頃なお値段で脱毛体験をすることが出来ます。

 

敏感肌だからといってもムダ毛処理はしなければならないのが女性としてのエチケットですよね。
敏感肌ならなおさら、お肌ケアはしっかりしたいもの。

 

そこで理想的なのが脱毛サロンなんですよ。
あなたも1度体験コースを受けてみましょう!

脱毛前後の献血について

 

脱毛前後の献血について。
時々問題になる献血と脱毛。
頻繁にあるケースではありませんが、
なかには「献血後に脱毛をしても良いか」
「脱毛をして献血をしても良いか」と質問をされr方がいます。

 

 

 

各エステの注意事項を見てみると、
「予防接種はNG」と書かれています。
となると、同じように注射をする献血もNGなのでは?
と思う方が多いでしょう。

 

 

 

結論から言いますと、
脱毛と献血は基本的には問題がないと言われています。
要するに、献血をして脱毛をしても良いですし、
その逆でも良いということです。
もし献血がNGであれば、
予防接種のように注意事項に書いているはずです。
それがないということは、
脱毛前後の献血は可能ということになります。

 

 

 

とはいえ、脱毛をした肌は敏感になっています。
献血は問題ないとはいえ、献血の針に反応し、
肌トラブルを起こしてしまう可能性はあります。
肌の状態は個人差があり、どんなに大丈夫と言われていることでも、
人によってはNGな場合があります。
ですから、すべて自己判断で行って下さいね。

 

 

安全を考えるなら、当然避けたほうが無難です。

 

薄毛には有酸素運動が効果的?